塩で浮いたり沈んだりするの・・・?

こんばんは!ココモの唐土です。

「空を飛ぶ夢」を見たことはありますか?

夢占いとしては結構大勢の方がみているそうで、気持ちよく飛ぶ夢は吉夢だそうです。目標に向かって計画している時に見るとか。運気は上昇し、計画も思いどうりになるとのことです。

今回はスキューバダイビングでの中性浮力についてのご質問です。

水中では「飛ぶ」ではないですが、うまく浮力を調節することで「飛ぶような」ステキな感覚になれます。その浮力が環境によってどう変わるかについてのご質問です。

Q.中性、マイナス、プラスなどの浮力は環境が変わるとどうなりますか?

海水・淡水②

クリックで拡大します

A.状態により判断がつく場合と、判断がつかない場合があります。

  • 海水でプラス浮力 → 淡水 不明
  • 海水で中性浮力 ? → 淡水 沈む
  • 海水でマイナス浮力 → 淡水 沈む
  • 淡水でプラス浮力 → 海水 浮く
  • 淡水で中性浮力 ? → 海水 浮く
  • 淡水でマイナス浮力 → 海水 不明

実際のダイビングではプールから海、海からプールへの移動するときにウエイトを調整すること以外で、このような細かな浮力変化を気にする必要はありませんが・・・(^_^;)

ただ、この組み合わせを理解しておくことで、浮力についてのイメージをでき、技術((モータースキル))としてだけでなく、知識((ナレッジスキル))としてもマスターしているということになります。

補足

海水でのプラス浮力は・・・

  • 風船の場合 – 淡水でもプラス浮力
  • 僅かにプラス浮力の場合 – 沈みやすい淡水では中性やマイナスの場合がある

淡水でのマイナス浮力は・・・

  • 石の場合 – 海水でもマイナス浮力
  • 僅かにマイナス浮力の場合 – 浮きやすい海水では中性やプラス浮力の場合がある

今回のご質問は

ご質問はプロ(ダイブマスター)コースの方からのご質問でした。ココモではダイビングのライセンス取得コースの他、様々なアドベンチャーコース、プロコースと充実したコース開催をしています。

初心者だから…と関係なく思われる方もおられますが、ココモではその初心者コースを壮大なスキューバアドベンチャーへとつながる幅広の奥深いコースとして提供させていただいています。




シェアする

フォローする