PADI酸素供給法コース

CoCoMoはゴールドカード

正式名称 PADIエマージェンシ・オキシジェン・プロバイダー・スペシャルティ・コース

PADI Emergency Oxygen Provider Specialty Course

ダイビングだけでなく・・・

  • 海水浴
  • スポーツクラブ
  • ボート遊び・・・などの水難事故はもちろん、
  • 陸上で酸素を必要とする場面 等…

幅広く活用できる酸素供給法身につけるコースです。

受講条件
  • 前資格 PADIスクーバダイバー又は他団体ダイバー
  • 年齢 10歳以上
講習内容
  • 学科&実習(スキル練習)
    • 3時間
    • 自由日程-予約優先
受講の効果
DAN酸素供給セット

主に次のようなダイビングの緊急事態で事故者に酸素の供給ができるようになります。また、ダイビング以外の現場でも役立つテクニックです。

  1. 緊急用酸素システムのセッティング、取り外し、収納
  2. 呼吸しているダイバーへの対応
    • ノンリブリーザー・マスクの使用
    • デマンド式吸気バルブの使用
  3. 呼吸していないダイバーへの対応
    • ダイバーに対するポケットマスクの使用
  4. 途中で変化するダイバーへの対応
  5. 複数人の事故車への対応
使用教材(コース料に含む)

使用教材は下記のとおりです。(コース料に含まれます)

  1. プロバイダー・マニュアル
  2. 一目でわかるオキシジェン・ガイド

お持ちの方は次のマニュアルも参考資料にお持ちください。(任意)・・・店頭でも販売しております。

  1. PADIレスキューダイバーマニュアル
  2. PADIエンサイクロペディア
コース料金 (外税)

講習・教材・申請(ダイバーレベル)・その他使用品込みです。手ぶらでご参加頂けます。

  1. ダイバー向けコース 21,000円(教材、申請込み)
  2. インストラクターコース
    • お持ちでない場合、アウトライン(3,000円)及び申請料が別途必要です。
    • 現在PADI DM 31,500円
    • 現在PADI AI以上 26,250円

関連情報ページ

ココモの運営する専門サイト、講習サイトを紹介いたします。

減圧障害(肺の過膨張障害含む)への対応

ファーストエイドで酸素供給を行うことは、オープン・ウォーター・ダイバー・コースから、「減圧症」のトピックで紹介されています。

つまり認定ダイバーであればその情報は知っているのです。あとはそのために必要な知識とスキルを習得していただければ自信を持って対応いただけます。早い時期にすべてのダイバーにEFRとともに習得いただきたいプログラムです。

プログラムでは、実際の酸素供給器材を使用して、供給するためのマスク(ポケットマスクやノンリブリーザー・マスクなど)を使用してテクニックを実習します。

レスキュー・ダイバー・コースのいくつかのトピックと統合しながら身につけることもできるのです。ぜひ、一人でも多くの方に酸素供給のテクニックをマスターいただき、緊急時のケアに備えていただければ幸いです。

コース開催のスナップ集

 

緊急時酸素供給法SP(水難事故・その他)