こんにちは!ココモの唐土です。

スノーケルってただの筒やん!と思ってる方もおられるようですが…使えばわかる快適性!

食いもんなんか腹に入ったらなんでもいっしょやん!って方みたいな…(^-^;

Q. 快適なスノーケルってどんなのですか?

A. ちがいの分かられてる方のご質問です!

では、スノーケルをただの筒にとどめない様々な機能を見てみましょう!

スノーケル例

pic_sp175[1]

スノーケル特徴(例)
  • 歯科医師のアドバイスを受けて開発した「楽にくわえられる」マウスピース
  • 呼吸した時の残水(ゴロゴロ)感がない構造
  • パイプが自在に回転しするアダプター
  • パイプが前後にスライドするスノーケルアダプター
パージチャンネル

sp175_img_1[1]

  • 構造・効果
    • 排水バルブが身体側に傾斜し、スノーケルクリア後、水が残ったとしても、パイプへの空気の流れに影響の無い所(口元からも遠い所)へ水がたまる。
    • 呼吸によるゴロゴロ感がしたり、口に戻ってこない。
スイベル・アダプター

sp175_img_3[1]

  • パイプが自在に回転し、くわえる負担が小さい。
  • パイプ先端を最適な最上部の位置に保ちやすい。
  • 簡単にマスクから取り外せる。
ハイパードライトップ

s-ハイパードライ

  • 被った波などの水を空気の通り道から分離して排水しやすい。
フレキシブルジャバラジョイント

s-フレキシブル

  • 口から離すとストレートな状態になり、スクーバダイビング中邪魔にならない。
  • シリコン製は柔軟で口元への負荷がかかりにくい。
三次元楕円形状パイプ

s-スイベル

  • 前から見た時の形状は薄く、横から見た時は厚いという楕円形状。
  • 流水抵抗を減らすとともにスノーケルクリアがしやすい。
  • 顔のラインに沿って湾曲している。
  • 後方に湾曲する三次元形状。

製品例(販売価格はお気軽にお問合せください)

s-一覧

スノーケルの機能について、ドライタイプって?