ダイコンで浮上速度ってどうやって管理しますか?

Q.ダイビングコンピューターを使って

浮上速度ってどうやって維持したらいいですか?簡単ですか?

A.深度と時間で浮上速度を把握するよりかなり簡単です。

浮上速度について

show more

GEDSC DIGITAL CAMERAそもそも浮上速度には様々あります。

それぞれのプランナーに合わせてご活用ください。

  • ダイビングコンピュータ – 機種によって異なる
    • 浮上速度一律のもの
    • 深度によって浮上速度が設定されているもの
  • PADI RDP – 1分間に18m以下
    • 他には10m以下や9m以下などのプランナーがあります。
  • 高気圧作業安全衛生規則((2015.1.9)) – 分圧計算による
    • プログラムの適合するダイコン利用も可

show less

スピードメーターノンダイバーの方にもイメージしやすい「自動車運転」になぞらえて…

通常、スピードメーターを見つづけて車を運転する人は居ないですね。周りの景色の移り変わりから大体の速度を維持し、時折、メーターで確認するのではないでしょうか。

ダイビングも同様です。ダイコン画面だけ見て速度を維持するのは自動車運転でメーターだけ見て速度を維持するようなものです。

GEDSC DIGITAL CAMERA周りの景色やダイバー、ライン(ロープ)、船の位置などを確認しつつ・・・

ダイコンに速度表示がある場合は表示を目安に、無いものは1分当たり((又は30秒や10秒あたり。小さな泡の浮上速度を参考にすることもありますが、実際は流れなどにより様々ですのであくまでサブです。))の浮上深度を維持し、浮上が速いとの指示が出た場合は速度を落としましょう。

これからダイビングライセンス取得を考えられてる方は、自動車免許を取る過程で身につける技術同様、ダイビングライセンスコース中にダイコンの使用方法を身につけられるスクールを選びましょう。

TUSA IQ-850の場合(クリックで拡大します)

浮上速度 TUSA IQ850

浮上警告 TUSA IQ850

TUSA IQ-1204の場合(クリックで拡大します)

浮上速度と警告 TUSA IQ-1204




シェアする

フォローする