こんにちは!ココモの唐土です。

無料学習サイト掲載の「炭酸ジュースはお好き?(減圧障害)」へのご質問に回答致します。

Q.血液は…

血液は酸素を運搬するのでは?

A.はい。そしてその他のものも様々運搬します。

血液を小難しく表現すると…「いくつかの異なった成分で構成された液体組織」と言えます。

血液には酸素を運ぶ以外に多くの機能があります。

  1. 体の各組織への酸素や栄養分の供給
  2. 身体の各組織からの残りカスの搬出
  3. 免疫システムを働かせる など
血漿(しょう)とは

血液に含まれる液体成分の一つで、血液の55%を占め、次のようなものを溶解させて運搬します。

  • 栄養分
  • 化学物質
  • ガス(二酸化炭素、窒素など)
    • 窒素は呼吸で取り込まれる分圧によって溶解量が変化しする
    • 大気圧下では、酸素を溶解して運搬することはほとんどない
    • 血漿が15~20倍で循環するに匹敵する酸素をヘモグロビン(血液の約45%)が運搬する。
    • 血漿に溶解すさせ運搬する二酸化炭素は約5%。
      • ヘモグロビンが運搬する二酸化炭素は約20%。
      • 重炭酸塩という形で運搬される二酸化炭素は約75%。

詳細

呼吸(酸素、二酸化炭素の運搬)[2]Wikipedia

  • 酸素
    •  血液は肺胞(酸素分圧100mmHg程度)の毛細血管を0.75秒ほどで通過しへ平衡状態となる。
    • 体組織(細胞周囲の酸素分圧は20~30mmHg)から二酸化炭素を赤血球内に取り込み炭酸脱水酵素が炭酸に変換することによる酸性化でボーア効果が起きることによって、酸素が血液から組織液に移る(静脈血の酸素分圧は、40mmHg程度)。
  • 二酸化炭素
  • 栄養(糖、脂質、アミノ酸、タンパク質等のエネルギー基質)
  • 各種ホルモンなど作用物質(全身の情報・指令伝達)
  • 組織で産生された代謝老廃物を肺、腎臓・肝臓・皮膚・腸管などの器官に。

詳細を隠す

血液が運ぶのは何々?

注釈   [ + ]

1, 2. Wikipedia