Q.ダイビングライセンスコースの

海洋実習ではどんなことを行いますか?

A.ほとんどがプールで練習して

できるようになったことを、実際の海で実施してみます。

自動車教習での路上教習のイメージでしょうか。車庫入れや縦列駐車、S字・クランク・坂道発進など、所内教習でできるようになってからの路上教習なので安心ですね。海洋実習も同様です。プールでできるようになってからなので楽しい実習になるでしょう!

具体的には主に次の練習項目です。2日間以上で実施することになっています。(学科未受講の方は一部名称ではわかりにくいでしょう)

ダイビング実施前

インストラクターが見てなくてもできるようになりましょう!ハンドルを握るのはあなたです!

  1. ダイブプランニングとブリーフィング
  2. 器材の組み立てと装着
  3. プレダイブ・セーフティ・チェック
  4. エントリーと正しい水面習慣
  5. ウエイト量とトリムの調整
フレキシブル(認定までに行う)

  1. 足がつったときの治し方
  2. 疲労ダイバー曳行
  3. シグナルチューブの使い方
  4. 直線水面コンパス移動
  5. スノーケル/レギュレーター交換
  6. ウエイト・システムとスクーバ・キット脱着
  7. エマージェンシー・ウエイト・ドロップ
  8. コンパス・ナビゲーション
  9. コントロールされた緊急スイミング・アセント
ダイブ1

  1. ハンド・シグナルの復習
  2. コントロールされた潜降
  3. 少し水の入ったマスクのクリア
  4. レギュレーターのリカバリーとクリア
  5. ダイビング・ポイントの探検
  6. 残圧のモニタリング
ダイブ2

  1. 水面でBCDに給気 - オーラル
  2. コントロール潜降
  3. 中性浮力
  4. 全部に水の入ったマスクのクリア
  5. バックアップ空気源の使用(与え手/もらい手)と浮上
  6. ダイビング・ポイントの探検
  7. 20bar以内のエア・マネージメントと残圧のハンド・シグナル
ダイブ3

  1. 視標を使った潜降
  2. ホバリング - オーラル・インフレーション
  3. マスク脱着
  4. ダイビング・ポイントの探検
  5. 20bar以内のエア・マネージメントと残圧のハンド・シグナル
ダイブ4

  1. ダイブ・プランニング・スレートを使ってダイビングを計画する
  2. 視標を使わない自由潜降
  3. ダイビング・ポイントの探検
  4. 20bar以内のエア・マネージメントとターン・プレッシャー/浮上ポイントでのハンド・シグナル
ライセンスコースの海洋実習って?