Q.ダイビングの

Cカードダイビングライセンスって同じですか?

A.(一般に)はい。

一般に同じものを指します。ダイバーにとっては議論尽くされた感のある話ですが、これから始める人には、いまだに分かりにくい「Cカード」について解説します。

まずは各発行団体がどのように表現しているか見てみましょう。

PADI

詳細

このCカードはレクリエーション・スクーバダイビングに関して定められた知識と技術(指導基準)を、ある特定の時期に、ある特定の場所で、習得したことを証明するものです。

Cカードの種類は多様で、「オープン・ウォーター・ダイバー」などのランク、分野ごとに特化した「スペシャルティ・ダイバー」、プロランクの「インストラクター」等様々な種類があります

詳細を隠す

CMAS(JEFF)

詳細

英語のCertificate Cardの略で認定証という意味です。世界中でダイビングを楽しむためにはこのCカードが必要となり、このカードを持つということは、スクーバダイビングの知識・技術を習得している証明になります。

詳細を隠す

NAUI

詳細

スクーバダイビングを行う際には、ダイビングの認定証である「Cカード(※)」(※ダイビング ライセンスと言われることが多いですが、正式名は「Certification Card」で、所定のコースを修了したことを証明するものです)が必要となります。

「ダイビングに必要な技術と知識を習得した」ことを証明するもので、一度取得してしまえば、更新などがない永久資格です(一部除く)。Cカードを提示することで、ダイビングショップでタンクやウエイト(重り)など、必要な器材を借りることができるほか、ダイビングショップのツアー等に参加してダイビングを楽しむことができるようになります。

詳細を隠す

BSAC

詳細

「Cカード」とはCertification Card(サーティフィケーションカード)の略で、知識・技術について講習を受けたことを認定または証明するカードになります。Cカードがないと、タンクを借りるなどのサービスを受けることができません。

だから、まずCカードを取得することをお勧めします。Cカード取得して提示することでそれらのサービスを受け、ダイビングを楽しむことができるようになります。

詳細を隠す

Cカード協議会

詳細

一般的には「ダイビングライセンス」と言われることもありますが、「ライセンス」という用語からは「免許証」というニュアンスが強く感じられます。Cカードは「免許」とは明確に意味合いが異なるもので、Cカードをそのまま日本語にすると「認定証」という訳になります。国際的に「Certification-Card(Cカード)」と呼ぶのが一般的であることから、日本でも「Cカード」と呼んでいます。

レクリエーション・スクーバダイビングに関して「定められた知識と技術(指導基準)」を、ある「特定の時期」に、ある「特定の場所」で、習得したことを証明するものです。

詳細を隠す

Q.免許?免許ではない?

A.免許と言えるでしょう。

goo辞書で「免許」とは?
  1. ある特定の事を行うのを官公庁が許すこと。また、法令によって、一般には禁止されている行為を、特定の場合、特定の人だけに許す行政処分。
    • 「免許を取得する」
    • 「免許がおりる」
    • 「運転免許」
  2. 師から弟子にその道の奥義を伝授すること。また、その証書。ゆるし。
    • 「師範の免許を与える」
      (奥義: 学問・技芸・武芸などの最も奥深い大切な事柄)
行政法では

自動車運転では「免許」という用語が使われてますが、行政学上では「許可」に分類されます。

  • 許可:一般的な禁止を特定の場合に解除すること

(例)飲食店の営業許可

本来、憲法に基づく営業の自由があるのでどのような事業を行おうと国民の自由です。

しかし、飲食店などを全く自由にすると、衛生上問題がある悪質な営業がなされた場合、市民に被害が発生するかもしれないです。

そこで法は飲食店やその他一定の営業を一般的に禁止するという網をかぶせ、自由に営業することをできなくしています。

そのうえで飲食店の営業を希望する者の店舗をチェックし、衛生状態などに問題が無ければ許可を与えることによって本来の営業の自由を回復するようにしています。

Cカードは許可?

日本では、空港周辺や港湾など一定の場所を除き、レジャーダイビングは法律では禁止されていませんが、ダイビング事業者は、ダイビングの知識と技能が備わっているかわからない誰にでもに器材やサービスを提供するわけにはいきません。

ダイバーは、「自分はダイビングするのに問題ない」とCカードを提示することでダイビングが可能になります。飲食店の営業許可同様、不適格者によるダイビングでの問題発生を防止する為です。

私人間(しじんかん:私人=国家または公共的な地位を離れた一個人。)の関係ではありますが、事実上の禁止の解除といえるでしょう。

この様なダイビング事情の他、辞書の「2」の意味からも、Cカードは民間の「免許」「ライセンス」と表現できないことはないでしょう

(公務員の場合)公的機関によっては水難救助隊等、国家資格の潜水士だけでなく、技能資格として皆さんと同じ「Cカード」取得が義務付けられています。

Q.Cカードって何?