Q.PADIインストラクターレベルの

資格申請料はいくらですか?再発行についても教えてください。

A.下記に一覧でお知らせします。

メンバー資格申請料金(すべて8%税込)

2017年現在
ダイブマスター登録申請料 \22,248
アシスタント・インストラクター申請料 \11,340
IDC登録料(OWSI又はIDC修了者) \24,516
スペシャルティ・インストラクター(申請方法1) \7,776
スペシャルティ・インストラクター(申請方法2) \15,552
スペシャルティ・インストラクター(申請方法3)※新規コース申請 \23,328
スペシャルティ・インストラクター(申請方法3)※既存コース申請 \14,362
マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー \11,664
IDCスタッフ・インストラクター申請料 \13,392
IDCスタッフ・インストラクター・アップグレード料 \3,348
マスター・インストラクター申請料 \15,012
エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター申請料 \7,776
エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター更新料 \7,020
DAN酸素インストラクター申請料 \9,180
DAN酸素インストラクター更新料 \7,020

お支払い方法は、口座引落(DCもしくは個人)、《セゾン》カードとさせていただきます。

メンバーCカード再発行

ダイブマスター以上のランクCカードはメンバー料金で再発行を承ります。更新をされていない方(ノンメンバー)はダイバーと同料金となります。※メンバーの方でもダイバーランクの再発行はダイバー再発行手順・料金とも同じとなっております。ご了承ください。

依頼方法 専用用紙にご記入の上写真を添付し郵送で受付。
料金 1,836円(税込)
支払い方法 後日、ご登録口座もしくは《セゾン》カードよりご選択

海外IDC、IE,プロレベル・コース参加後の登録

●海外でIDC・IEに参加した場合

海外でIDC・IEに参加された方は海外エリア・オフィスを経由してPADIアジア・パシフィック・ジャパンに申請書が転送されてきます。
ご登録にはおよそ1ヶ月ほどお時間がかかります

●プロレベル・コースに参加した場合

メンバー所属が日本の場合一度、コースを担当したインストラクターもしくはコースディレクターが所属している海外オフィスを経由してPADIアジア・パシフィック・ジャパンへ申請書類が届きます。登録、カード発送は日本で行います。
おおよそ1ヶ月ほどお時間がかかります。

※逆に、海外エリア・オフィス登録希望の(DM/AIなど)を認定された場合には、一度PADIアジア・パシフィック・ジャパンに申請書をお送りいただきます。ステータスチェック、認定数カウント等事務手続きをした後、希望オフィスへ転送いたします。

DAN酸素インストラクター申請

PADIアジア・パシフィック・ジャパンに登録されている方は、資格申請が可能です。

1. DAN酸素インストラクター申請書と、DAN酸素インストラクター/資格付与同意書にもれなく記入し、カラー写真1枚を貼付後、PADIアジア・パシフィック・ジャパンまで送付してください。
2. プロバイダー登録の確認(エマージェンシー・ファースト・レスポンス《申請者がダイブマスターの場合は、エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター資格》が期限内ということも含む)後、PADIアジア・パシフィック・ジャパンにて登録いたします。Cカードは、登録後1週間から10日で発行されます。
注意 書類や条件の不備により、すぐに登録できない場合もございます。
Cカードがお手元に届く前にコースを開催する場合は、PADIアジア・パシフィック・ジャパンに連絡の上、登録が完了しているかティーチング・ステータスかどうかを必ず確認してください。

?メンバー資格申請Q&A

Q .病歴書の提出と保管

病歴書の提出はいらなくなったと思いますが、担当インストラクターが保管をすればよいのですか?

A はい。98年の2号のブルティンで変更になりました。ダイブマスター、アシスタント・インストラクターの申請時にはPADIへ病歴書の提出が不要になり、担当インストラクターが保管をすることになりました。有効期間内であればIDCやIEにもこの病歴書をご使用いただけますので、候補生からの依頼があった場合には対応ができるような保管をお願いします。尚、すでにPADIへご提出をいただいた方の場合もご希望の方にはご返却をしておりますので、その際にはメンバーシップまでご連絡ください。

Q.ティーチングには?

IEに合格したばかりですが、すぐに活動したい。ティーチングにはどうすればなれますか?

A ティーチング・ステータスの条件はインストラクターの保険の加入が必要です。
人によって手続き方法が異なる場合がございますので、お手数ですがメンバーシップへお問い合わせください。同時に活動できるタイミングもご確認ください。

Q.SPI5つとMSDTのセット申請

スペシャルティ・インストラクター(SPI)の資格を5つ受講したので申請を出したい。同時にマスター・スク-バ・ダイバー・トレーナー(MSDT)の申請もすることができるのですか?

A はい。申請条件の認定数25名が満たしていれば、MSDTとSPIは同時に申請ができます。さらにPADIアジア・パシフィック・ジャパンのそれ以外のオフィスで同時(5つのSPI)申請の場合はMSDTの申請料(10,800円)が無料になりますので、条件が整っている方は同時申請をお勧めします。
※金額は2017年現在

Q.申請用の写真は改めて提出?

申請用の写真は保管されているのですか?よって、申請時には不要でしょうか?

A いいえ。写真データの保管はしておりません。現在は申請時に必ず1枚貼付いただきますようお願いします。

Q.海外取得のSPI申請は?

海外でスペシャルティ・インストラクターを受講してきました。登録するのに時間がかかると聞きましたが、認定活動はしても構わないですか?

A いいえ。認定ができるようになるのはPADIで登録が完了してからになります。登録状況はネットでのご本人情報照会でご覧いただくかカスタマーサービスまでお問い合わせください。

Q.マスターインストの支持する文章

マスター・インストラクター申請時に提出する「PADIを支援、支持する文章」の書式はあるのですか

A いいえ。決まった書式はございません、ただ、最低でもカバーしていただきたい事項をインストラクターマニュアル「一般規準と手続き」(付録A-17ブルティン)でご紹介しておりますので、これを参考に作成していただければと思います。

Q Cカードを紛失しました。

再発行はどうすればよいのですか?

A ダイバー用とは料金、書式が異なります。「メンバーCカード再発行依頼書」をダウンロードしていただき、全てご記入後、写真貼付の上PADIへご提出ください。

Q DAN酸素インストラクターの申請

何が必要ですか

A DAN酸素インストラクター申請書、資格付与同意書、Cカード用写真1枚が必要となります。また前資格として有効期限内のエマージェンシー・ファースト・レスポンス(申請者がダイブマスターの場合はエマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター)資格と、プロバイダーの登録が必要となります。

Q DAN酸素インストラクターCカードは、どのくらいの期間で発送となりますか。

A 申請書などがPADIアジア・パシフィック・ジャパンに到着し不備がない場合、到着後1週間程度でPADIアジア・パシフィック・ジャパンからCカードなどをご指定先へ発送します。

Q.DAN酸素資格関係の確認

DAN酸素インストラクターの資格登録や認定数などは、インストラクター・ネットで確認できないのですか。

A DAN酸素インストラクターやプロバイダー資格は、通常の資格登録とは別に管理しております。そのためインストラクター・ネットでは確認できませんのでご了承ください。

PADI PROの資格申請料はいくらですか?