PADI DMの活動範囲拡大

有資格PADIダイブマスターは、ダイブを伴わない以下のスペシャルティコースを教えることができるようになりました(1,2は従来から対象)。

  1. デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーSP
  2. エマージェンシーオキシジェン・プロバイダーSP
  3. 器材スペシャリスト SP
  4. サンゴ礁の保護 SP
  5. Project AWARE SP
  6. ダイブを伴わないPADIディステイングティブ SP
DMにとってのチャンス!

貴重な機会が増えます

  • 継続教育トレーニングを実施できる
  • 貴重な実践的経験を得る
  • 収入を得る機会が増える
  • 多忙なダイブセンターやリゾートの即戦力になる

ダイブマスターの資格取得方法

次のセッション、手続きを終了する

  1. PADI AIコース学習、インストラクション、PADIシステム
  2. PADI SPインストラクターコース
  3. SPI申請書をPADIへ提出
  4. (該当する場合のみ)損害賠償保険に加入
PADIダイブマスターの指導機会が拡大