他のプロが、下手に見えるくらい、上達するには?

手間をかける価値がある!

セッティングもデモが要るでしょう!

セッティングもデモが要るでしょう!

もし、最初の計画が失敗したら、どうするか?

考えるまでもない…

失敗を教訓に練り直し、再び新たな計画を立てればよい。

それがまた上手くいかなかったら、またすぐ次の新しい計画に着手する。

うまくいくまで、それを繰り返す。

喜んでくれる人がたくさん![3]木下晴弘、涙の数だけ大きくなれる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スキンダイビングもデモレベル!

ある塾で、生徒に「良い点数を取りたいか」と聞くと、まず「とりたい」と。

理由を聞いてみると…「嬉しいから」

「誰が?」と聞くと…「自分が!」

「自分だけ?」と聞くと…「親も!」

「それだけ?」「学校の先生!」

「まだ居ない?」「あ、(塾の)先生!」

頑張れば、多くの人を嬉しくさせる!

先輩ジャックが応援に!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAプロを目指す人には、人が集まってきてくれます。

その人達の集まり「マスターマインド」と呼ぶことがあります。

マスターマインドは、抽象的な願望を、論理的にしてくれ、実践的な計画へと導いてくれます。

それに必要な原則は…

実践的計画づくりに欠かせない4原則[4]ナポレオン・ヒル、「思考は現実化する」から

ダイビングではバディと呼ぶ

ダイビングではバディと呼ぶ

ダイブマスター認定までに必要なもののヒトツ…

  1. 「マスターマインド」とは?
    • 多くの必要な人材からなるグループのこと。今回チカラを貸してくれたジャックや、多くの参加者さんまで含めた仲間がそうでしょう。
  2. マスターマインドへの支払い?
    • 賢明な人なら、報酬無く人を働かそうなどとは考えない。この報酬は金銭とは限らず、また金銭以外で、それ以上のものであることも。
  3. 接点が無いと始まらない
    • 応援してくれる仲間が居ること!

      応援してくれる仲間が居ること!

      計画完全達成まで、週に二回以上会う!多ければ多いほど良い。

  4. 心が通わないと失敗の可能性?
    • 全員の心の連携が必要で、一人一人と完全な和を保つ。

まれに、こういう段取りを踏まずに認定されたダイブマスターに出会うことがある。ひとりで潜っているだけで、ダイブマスターらしいことはほぼ何もできない

どうやらうまく進んでるようですね!

そして・・・落伍者に成功は無い。勝利者は決して途中であきらめない。

いっしょになってやってくれる仲間が居るということ!

いっしょになってやってくれる仲間が居るということ!

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

注釈   [ + ]

1, 3. 木下晴弘、涙の数だけ大きくなれる!
2, 4. ナポレオン・ヒル、「思考は現実化する」から

シェアする

フォローする