ディープダイビングのコースって?

南紀でディープ・アドベンチャー

マリンブルーの深い海で、自由を手に入れるコースを開催しました。

海でのダイビングでは

潜水時間の限界はどれくらいでしょう?

※PADI RDP

  • 18m(  )
  • 20m(  )
  • 22m(  )
  • 25m(  )
  • 30m(  )

[ 詳細 ]

潜水時間とは・・・潜降開始から浮上開始までですが、余裕を持つために浮上までを次の時間に入れることもあります。

  • 18m 56
  • 20m 45
  • 22m 37
  • 25m 29
  • 30m 20

[詳細を隠す]

ディープダイビングSPの構成とは?

コースは豪華4ダイブで構成されてます

ダイブ1

推奨深度 24~30m

  • 目標ラインを使用して潜降する
  • 色のある物体にライトの光による見え方の違いを観察する
  • バディとインストラクターの深時計を比較する(記録する)
    • 決めた深さでギリギリゲームをするなどして、深いところでは意図せず深度を超えてしまうことを実感する。
  • 5メートルで3分間の安全停止を実施する

ダイブ2


推奨深度
 18~24m

  • 目標ラインを視覚的に使用して潜降する
  • 圧力の影響を受ける物体を観察する
  • 往復ナビゲーションを実施してもとに戻る
  • 5メートルで3分間の安全停止を実施する

ダイブ3

推奨深度 30~40m

  • 目標ラインにつかまりながら潜降する
  • 深度下で時間測定を実施する
    • 作業効率が落ちていることを確認し、事前のプランの必要性と、プラン変更の難しさを認識する。
  • 水深5mで8分間の緊急減圧停止をシュミレーションする
    • 減圧停止用エアーシステムの準備、設置、使用方法を確認し、活用できるようになる
    • 少なくとも1分間は、緊急用呼吸器材から呼吸する

ダイブ4

推奨深度 18~30m

  • なだらかな水底やウォールにそって潜降する
  • 水中ツアーを楽しむ
    • ダイブ1~3の内容を駆使し、マップやその他情報から、ダイビング全体でバディーで計画し、編成し、実施する。
  • なだらかな水底やウォールにそって浮上する

スナップ集

   

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn