不思議な水中風景は照明次第

ココモプールでダイビング企画開催!

参加者様のアイデアに感動(^O^☆♪

照明の影響って大きいですね!

現在のダイビング使用するライトとは

  • 電池を入れ替えなくていい
  • 光量調節がワンタッチ
  • スポットと広角の切替がワンタッチ
  • 以前のライトの10倍以上の明るさ
  • カッコイイ(^O^☆♪

昔は毎度、電池を買いに行き交換、又は取り出して充電後、防水メンテナンスが必須でした。しかも今の10分の1くらいの明るさ(現在のメイン使用ライト比較)

今風な水中ライトはスゴイ!

…ということ(?)で照明の進化ついて。

石器時代[2]Wikipedia

たき火などで夜行性の肉食獣等の外敵から身を守った。

中世

  • かがり火、松明、ろうそく
  • 灯明(行灯など)
  • 提灯(ちょうちん)

近代化時代

  • ランプ(鯨油・石油)
  • ガス灯など
電気が利用できるようになる

白熱電球など電気を利用した光源(電灯)の使用が始まる。

  • アーク灯:初期に利用されていたが寿命が短く、1880年代以降は使用されなくなった。
  • 蛍光灯:
    • 1938年
      • 実用化。はじめは、高価だったため軍用のみに使用された。
    • 1950年代
      • 一般家庭でも一部で使用されるようになった。
      • ヨーロッパでは蛍光灯の光は嫌われる傾向があるが、日本人はそれを好み広まった。

1980年代以降

  • 蛍光灯の他、施設や店舗用では発光効率の高いHIDランプなどが使用されるようになった。

2010年代以降

  • LED照明が使用されるようになった。
  • 将来的には有機EL照明の普及も予想される。

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

注釈   [ + ]

1, 2. Wikipedia