リフレッシュvsリアクチベート

海でのダイビングコースを開催しました

ダイビングの感覚や技術のリフレッシュが主な目的でした。

名称が変更しています

リフレッシュ…少し前に、正式名称は「リ・アクチベート」という名称になっています。

旧称は「スクーバ・リビュー」。

「リフレッシュ」は通称です。

どう違う?

まずはGoo辞書から抜粋

  • リフレッシュ(Refresh)
    元気を回復すること。また、生き生きとよみがえらせること。「スポーツでリフレッシュする」「からだをリフレッシュする」「リフレッシュ休暇」
  • リビュー(Review)
    (学課などの)復習,おさらい,調べ直し,見直し;(復習用の)練習(問題)
  • リアクチベート(Reactivate)
    復活させる;〈部隊などを〉現役に戻す;〈工場などを〉再開する;再活性化する.

大筋は同じ意味ですね。発信者の意図はさておき、参加者さんの望むことは同じかと。楽しく再開!

ReActivateプログラム

プログラムと言っても、コースとして実施する場合と、アラカルト的に要望される部分を実施する場合があります。

後者を「短期講習、セミナー」という意味の「クリニック」と呼ぶこともあります。

プログラムの概要

  • 目的 基本知識とスキルを復習し、ストレスなく、再びダイビングを楽しめること
  • 構成
    • ナレッジリビュー(知識の復習)
    • ダイブスキルリフレッシュ
  • 受講後
    1. ナレッジリビューを修了したダイバーは修了証を受け取る。
    2. 1.とダイブスキル両方を修了後、PADIダイバーはReActivate修了日が記載された新しい認定カードを受け取る。

他の用途

その他スナップ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

シェアする

フォローする