IDC STAFFコース

PADI IDC STAFF インストラクター

  • PADI IDC STAFF(IDCS)資格はIDCSコースを修了した PADI MSDT に授与されます。
  • IDC[1]インストラクター開発コーススタッフとして活動することができます
  • PADI AI[2]アシスタントインストラクターを教え認定できます。
ココモは自由日程(昼・夜・週末 等)

参加資格
  1.  ティーチング・ステータスのインストラクター
  2. PADI MSDT
  3. EFRI更新済
  4. 全コースでDIM[3]デジタルインストラクターマニュアルおよびGTT[4]ガイドトゥーティーチング規準と理念に従って実施
  5. PADI システムと構成要素をそのまま使用する
認定後の活動
  • AIを教え認定する
  • IDC/IOCでプレゼンを評価し講評する
  • IDC/IOC/IDCSにてカウンセリングを行う
  • PADI SPIコース等をアシストする
  • IEのオリエン、クロージングの見学
資格更新

IDCSはプロレベルを教えることができる特別な資格>のため、IDCSとして活動するためには毎年更新することが義務づけられている。

持物
  • PADI OWSI ライセンス
  • PADI MSDT ライセンス
  • 写真2枚(縦4cm×横3cm)
  • ログブック
  • ダイビング器材一式
日程・内容

最短4日間※分割可

  1. 理論エグザムの各80%以上
  2. 規準エグザムで80%以上
  3. 24スキルで合計96 点以上、各3 点以上
  4. 知識開発プレゼンテーションで4.0 以上
  5. 限定水域プレゼンテーションで4.0 以上
  6. IDCSコース知識開発セッションに出席
  7. 知識、限定、海洋のプレゼン評価で一定の成績
  8. AIコース全プレゼンで3.5を取得、又は全IDC聴講
参加費用
  • 10万円<外税>
  • PADIへの申請・教材別途
必要教材

インストラクター割引価格で提供いたします

サンプルスケジュール

下記いずれかのプランで取得可能です。

  • プラン1 下記2日+2日
  • プラン2 下記2日+IDC聴講
1日目 2日目
8:00- オリエンテーション 8:00- 知識開発プレゼン前評価
9:00- AI規準& 理論EXAM 9:00- 評価とカウンセリングの心理学
13:00- IDC規準、手続き、カリキュラム 10:00- 知識開発プレゼン評価
14:30- AIコースの編成と実施方法 13:00- 限定水域講習プレゼン評価
14:30- スキル評価(プール) 15:00- OWプレゼン評価
-17:30 限定プレゼン前評価 -17:30 IDC/AIプレゼン打合せ

PADI I.D.C. STAFF インストラクター とは

IDCスタッフ・インストラクターは、IDCでアシスタントとしての役割を担います。
PADIコース・ディレククターと協力して、インストラクター開発プログラムのチーム・メンバーとしてコース運営をサポートします。
「プロを育成する」という責任感はIDCスタッフ・インストラクターならではのもので、とてもやりがいのある資格です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

注釈   [ + ]

1. インストラクター開発コース
2. アシスタントインストラクター
3. デジタルインストラクターマニュアル
4. ガイドトゥーティーチング
スポンサーリンク







シェアする

フォローする