ダイブマスターコース

世界で通用するダイビングのプロ資格

世界で通用するプロ資格

ダイブマスター(DM)コース

PADI DMは、プロフェッショナルへの最初のステップです。

ダイビング知識とスキルをプロレベルまで高め、コース修了後はダイバー達のリーダーとして、さまざまな活躍の場が得られます。 海の素晴らしさ、ダイビングの楽しさを多くの仲間と分かち合いたいあなたの夢を 叶えるために、PADI DMにチャレンジしましょう!

PADIダイブマスターになるとできること

下記はパンフレットに記載されてる項目に過ぎないです。世の多くのDM取得者は資格を取っても実際には何をしていいのか分からない方が多いです。

ココモでサポートさせてもらった方は、通年必要とされるプロになられてます。例えば、リゾート大手のボートキャプテンに、施設のマネージャーに、そして独立外業や南国への移住例も多数あります。

折角取得するなら、カードだけプロになるのでなく、マインド、考え方含め、どこへ行っても通じるように、貴方を丸ごとプロフェッショナルに変身させていただきます!

  • ダイブセンターやリゾート、ボートのスタッフ
  • PADI各種コースにPROのアシスタント
  • PADIスキンダイバーコースの単独実施と認定
  • PADIディスカバー・スノーケリング・プログラムを実施
  • 認定ダイバーにPADIスクーバ・リビュー・プログラムを実施
  • PADI ディスカバー・ローカル・ダイブ・プログラムを実施
  • 救急法&AED(EFR)指導員コースを修了すればEFRコースを実施
  • PADI DSD(体験ダイブ)リーダー資格がある場合、ノンダイバーに単独で実施
    ※上記すべては新規及び更新手続きを完了し、保険加入をしていることが条件
    ※コース実施の詳細については、必ず担当インストラクターに確認下さい

コース参加の条件

  1. PADI AOW、または、相当する資格
  2. PADI RED、または、相当する資格
  3. 過去24ヶ月以内にEFR一次/二次、または準ずるもの
  4. 医師の署名の入ったPADI病歴/診断書(12カ月以内)
  5. 個人ログに最小限40回のダイブ記録
  6. 18歳以上

コース内容

知識開発(TOPIC)
  1. DMの役割と資質(水中セッション前)
  2. 認定ダイバー監督(実践評価前)
  3. 生徒ダイバーアシスト(実践評価前)
  4. 安全とリスク・マネージメント
  5. DM実施プログラム(ワークショップ前)
  6. 特殊スキルと活動
  7. ダイビングビジネスとキャリア
  8. ダイビング環境への意識
  9. 潜水理論の復習
    *「マニュアル」と「ビデオ」を使って事前学習。自習、プレゼン、ディスカッションの組み合わせで実施
    各トピックのナレッジリビューの答え合わせ。トピック9の後、全ファイナルエグザムを実施の方法もある
インストラクターマニュアル情報等

予習の課題がありますのでスタート前にココモでお買い求めください。

PADIダイブマスター教材(例)必須教材

  • PADIダイブマスター・マニュアル
  • PADIインストラクター・マニュアル
  • RDPテーブルおよびeRDPMLと使用説明書
  • エンサイクロペディア・オブ・ダイビング
  • ダイブマスター・スレート
  • ログブック

推奨

  • PADIガイド・トゥ・ティーチング
  • ダイビング・ナレッジ・ワークブックまたはダイブ・セオリー・オンライン
  • スクーバ・チューンナップ・ガイドブック
水中スキル開発

●水中スキル実習

  1. 400m水泳
  2. 15分間立ち泳ぎ
  3. 800mスノーケルスイム
  4. 100m疲労ダイバー曳行
  5. 器材交換

●ダイバーレスキュー

  1. 限定もしくは海洋で実施

●ダイブスキル

  1. ワークショップ
  2. 24スキルのデモ開発と評価(スキンスキルも含む)
実践応用

●実践スキル

  1. ダイビングポイントでのセットアップと管理
  2. 水中地図の作成
  3. ブリーフィング
  4. サーチ&リカバリーのシナリオ」(SP取得者免除)
  5. ディープダイビングのシナリオ」(SP取得者免除)

●DMが実施できるプログラムのワークショップ

  1. CWでのスクーバ・リビュー
  2. スキン・コースとスノーケリングの監督
  3. 限定水域でのDSDプログラム
  4. DSDプログラムの追加のOWダイブ
  5. OWでのDLD

●実践評価

  1. CWでのOWD生徒
  2. OWでのOWD生徒
  3. OWでのCEダイバー
  4. OWでの認定ダイバー・・・・・実際の認定ダイバーのみ

●プロフェッショナリズム評価

  1. 実践応用終了までに合格点を取得する

PADIサンプル日程

実際は海況、進行等で前後します。(事前にお知らせします)

  1. 日 目(準備)
    PADI DMマニュアル ナレッジリビュー答え合せ(ご自宅で可能)
    DMビデオを見る(店頭にて無料)
    トピック1:「オリエンテーション」「PADIDMの役割と資質」
    店内プール
    スキルデモ練習(各スキル5点満点、24スキル)
    ダイバーレスキュー練習
  2. 日目
    トピック2「ダイビング活動の監督」
    トピック3「生徒ダイバーのアシスト」
    店内プール
    実習2(立ち泳ぎ15分)
    スキル1(ダイビングポイントでのセッティングと管理)
    ダイブスキル・ワークショップ・24のスキルの評価
  3. 日目
    トピック4「ダイバーの安全とリスク・マネジメント」
    トピック5「DMが実施できるプログラム」
    トピック6「特殊スキルと活動」
    店内プール
    水中スキル実習5(器材交換)
    ワークショップ1(店内プールでのスクーバ・リビュー)
    ワークショップ2(スキン、スノーケリングの監督)
  4. 日目
    海洋:
    水中スキル実習1(水泳400m)
    水中スキル実習3(スノーケリング800m)、4(曳航100m)
    スキル4(サーチSPのシナリオ、SP取得者免除)
  5. 日目
    トピック7「ダイビングビジネスとキャリア」
    トピック8「ダイビング環境への意識」
    店内プール
    ワークショップ3(ディスカバー・スクーバ)
    実践評価1 店内プールでのOWDコース生徒
  6. 日目
    海洋:
    スキル3(ブリーフィング)
    ワークショップ4(ディスカバー・スクーバ:OP海洋)
    ワークショップ5(海洋でのディスカバー・ローカル)
    スキル5(ディープSPのシナリオ、SP取得者免除)
  7. 日目
    海洋:
    実践評価2 海洋でのOWDコース生徒
    実践評価3 海洋での継続教育生徒ダイバー
    実践評価4 海洋での認定ダイバー
  8. 日目
    トピック9「潜水理論の復習」
    DM・ファイナルエグザム
    ダイブマスター認定パーティ

PADI世界最高ランク(CD)が2名常駐!

あなたを最高レベルでプロダイバーへ育成します!

お得度計算シート ココモ DM(集中) ココモ DM(分割)
自由度(日程) 自由日程,集中 自由日程
担当指導員 コースディレクター
最短全日数 8日
①前半コース料 9万円(4日)≪学科・実習パック≫
②2名以上割引 1万円
③後半コース料 7万円(4日) 都度払(4日~)
④プール料金 不要 1万円/回(最少2回)
⑤海洋実習料金 不要 2万円/回(最少3回)
⑥海等へ移動料 不要 不要
⑦タンク、ウエイト 不要 不要
⑧ボート乗船料 不要 不要
⑧活動サポート DM認定後の無料サポート(例)
⑨法務・ビジネスサポート DM活動での無料法務・ビジネスサポート
⑩店への移動/宿泊 格安・便利な店舗施設有り
上記合計 15~16万円+⑩ 16万円~+⑩
以下は、全国どこでも同様に必要です
器材レンタル 手ぶらで可・フルレンタル2,000円/日
必要教材 PADI DMコース必要教材(下記)
DM申請兼年会費 20,000円

実際のDMコース風景

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

シェアする

フォローする