PADIプールメニュー詳細

プール練習項目

ダイビングライセンス取得の基本40項目です。全体の練習時間を見積もってみましょう!(※実際は個人差が大きいです)

  1. 説明1分→40分
  2. デモ見学1分→40分
  3. 練習1分→40分
  4. 応用練習1分→40分
  5. 休憩、準備、着替え、片付け等:20分

店内プール(兵庫西部で唯一)なのでじっくり練習でき安心です!

38_11器材のセッティング、装着と調節

スクーバ器材を組み立て、全器材を調整し、装着することができます。バルブへのリーチ、ベルトのノウハウ等アレンジも含めて。
※自力でできるかの見極めがあります(DVDで要確認)。

38_212水面でBCD(BC)の空気の出し入れ

BCは水面ででは主に浮力確保に用い、安全性、快適性、利便性に寄与します。機種により様々な方法があります。
※現行のほとんどのBCは、ホースを持ち上げる必要はありません。

38_313水中での呼吸方法

レギュレーターを使い、リラックスした状態で、( )だけでゆっくり深く呼吸します。

[ 詳細 ]

(口呼吸)鼻から出すのはNG

[詳細を隠す]

38_414レギュレーター・クリア

レギュレーター内の水を排出する方法には、( )( )があり、快適に呼吸を再開できる。

[ 詳細 ]

息を吐く方法ボタンを押す方法

[詳細を隠す]

38_515レギュレーター・リカバリー

口から外れたレギュレーターを簡単に探方法には、( )( )があり、素早く呼吸を再開できます。

[ 詳細 ]

身体に沿って手を回す方法ホースの付け根から辿る方法

[詳細を隠す]

38_616マスク・クリア

マスク内に入ってきた水を水面まで戻らずに抜くことができます。マスクの位置によるパターンをプールで水中鏡を見ながら練習。

38_717圧平衡と水中移動

( )と言い、水圧増加による耳の不快感を取り除いたり、立ち上がり方等を数パターン練習する。

[ 詳細 ]

耳抜き(=圧平衡)

[詳細を隠す]

耳が抜けにくい時は、抜けてない側の耳を( )にすると抜けやすい。

[ 詳細 ]

[詳細を隠す]

38_818エアの管理

バルブを閉めてエア切れの対処の練習。残圧計やオクトパス使用。いくつかのサインや状況の伝え方を練習。

38_1019バックアップ空気源の使い方

自分の空気がなくなっても、簡単に相手から空気を分けてもらえます。もらう時の位置や器材のバリエーションを練習。

38_9110ハンド・シグナル

水中で他のダイバーとコミュニケーションをとることができます。スレート、音、片手、両手のバリエーションを練習。

38_11111浮上の仕方

浮上する際の手順を学ぶことで、正しい方法で安全に浮上できます。潜降浮上の繰返し練習が上達の秘訣。

38_12112プレダイブ・セーフティ・チェック

ダイビング前にバディとお互いに器材をチェックでき、安全なダイビングを促進します。暗記して各自で出来るように!

[ 詳細 ]

  1. BC(タイプ/給排気方法/装着具合)
  2. ウエイト(ウエイトベルト/BC内臓等)
  3. リリース(タンク・BCなどのバンド類)
  4. エアー(バルブ/残圧/レギ/ホース等)
  5. ファイナル(マスク,フィン含む全体)

[詳細を隠す]

38_13113ディープ・ウォーター・エントリー

桟橋やボートなど安定した場所から、安全に海の中にエントリーすることができます。数種類、ボート、岩場などパターン練習。

38_14114スノーケル呼吸とブラスト・クリア

顔を水から上げずにスノーケルの中に入った水を出し、呼吸を再開できます。潜降に組合わせて海況によるバリエーションを練習。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA15スノーケル/レギュレーター交換

潜降前や浮上後、安全かつ確実に空気の供給源を確保できるようになります。浮上に組合わせて海況によるバリエーションを練習。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

16水面スノーケリング

スクーバ器材を装着し、リラックスして水面を泳ぐことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA17潜降の仕方

5つのポイントを使って、潜降する際の手順を学び、正しく潜降できます。

[ 詳細 ]

排気しながら潜降できるようになるには、まず、排気潜降分けて練習することから始めましょう。

[詳細を隠す]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA18マスク脱着

マスクが外れても落ち着いてつけ直すことができ、ダイビングを続けられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA19マスクなし呼吸

万が一、マスクが外れても、慌てることなく、落ち着いて正しい対処ができるようになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA20パワー・インフレーター・ホースの取り外し

万が一のBCD・ドライスーツの作動不良にも対処でき、急浮上を防ぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA21水面でBCDの空気の出し入れ:オーラル(口)

万が一のBCDの作動不良もしくはエア切れでも、水面で浮力を確保することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA22適正なウエイト量

ウエイトの量を必要最小限に抑えることができ、エアの消費と体力の消耗を防ぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA23エア切れの練習

エアがこない状態を体感することで、エア切れ時にも落ち着いて対処できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA24浮上の仕方

5つのポイントを使って、浮上する際の手順を学び正しく浮上できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA25水面でウエイトの取り外し

緊急時に水面で浮力を確保することができ、溺れを防ぎます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA26ディープ・ウォーター・エキジット

桟橋やボートなど、水面から少し高いところへでも楽に上がることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA27中性浮力

水中で浮きも沈みもしない無重力のような状態をつくることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA28中性浮力で泳ぐ

水中を疲れずに泳ぐことができ、水底の生物にダメージを与えません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA29足がつったときの治し方

万が一、水中や水面で足がつっても、その場で治すことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA30疲労ダイバー曳行

疲れて泳げないダイバーを岸やボートまで連れて帰ることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA31エア切れとバックアップ空気源の使い方

実践的に、バディでエア切れに適切に対処できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA32コントロールされた緊急スイミング・アセント

水中でエア切れになっても、水面まで安全に浮上できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA33フリーフローしているレギュレーターからの呼吸

万が一、レギュレーターが動作不良になっても呼吸を続け、安全に浮上することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA34マスクなしで水中移動

万一水中でマスクが外れても、そのままの状態で、落ち着いて水面まで戻ることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA35ホバリング

手や足をバタバタさせず、呼吸のコントロールだけで一定の深度を保ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA36水面でスクーバユニットとウエイトの脱着

水面で必要に応じてスクーバ・ユニットとウエイトの脱着ができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA37 水中でスクーバユニットの脱着

万一水中でスクーバ・ユニットの不具合が起こっても、対処することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA38 水中でウエイトの脱着

万一水中でウエイトの不具合が起こっても、対処することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA39 スキンダイビング

ハイパーベンチレーション、潜降、浮上、スノーケルクリア数種などのテクニックを身につけることでスキューバ・ダイビングにも役立つ水中能力を身につけます。

●スキューバ以外39 スキンダイビングとクリア数種類
40フローティング方法(10分以上)
・スーツの脱/着のコツその他、様々コツの修得や遊びがCoCoMoでは可能です

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースのプール(限定水域)ダイブで習得するスキル

器材のセットアップ、装着と調節
水面でBCDへの給気/排気
レギュレーター・クリア-息を吐く方法とパージ・ボタンを使う方法
レギュレーター・リカバリー-アームスイープ法とリーチ法
少し水の入ったマスクのクリア
バックアップ空気源の使用
潜降と圧平衡
ハンド・シグナル
水中を泳ぐ
ゲージの使い方と残圧のチェック
浮上
水面でBCDに給気(オーラル)
プレダイブ・セーフティ・チェック(BWRAF)
ディープ・ウォーター・エントリー
適切なウエイト量とウエイトのチェック
スノーケル/レギュレーター交換
水面を泳ぐ-正しい水面習慣
ファイブ・ポイント潜降
中性浮力-パワー・インフレーター
全部に水の入ったマスクのクリア
マスクの脱着とクリア
マスクなし呼吸
エアが少なくなってきたときの対応
エア・マネージメント-20bar/300psiの誤差の範囲
こむらがえりの除去-自分とバディ
視標を使った潜降
ホバリング-30秒間
水平に泳ぐ-トリムの調整
バックアップ空気源の使用
バックアップ空気源を使って泳ぐ/浮上する
コントロールされた緊急スイミング・アセント
バディとウエイト量とトリムの調整
疲労ダイバー曳行-25メートル/ヤード
スクーバ・キットの脱着-水面
潜降-着底しない
傷つきやすい水底の上を泳ぐ
オーラル・インフレーションでホバリング-1分間
フリーフロー・レギュレーターからの呼吸
マスクなしで泳ぐ
水底に着かないで浮上
スクーバ・キットの脱着-水中
ウエイトの脱着-水中
エキジット
スキン・ダイビング・スキル
インフレーター・ホースの取り外し
緩んだシリンダー・バンドの締め直し
ウエイトの脱着-水面
エマージェンシー・ウエイト・ドロップ

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn

シェアする

フォローする