キューバでの規制(PADI)

米国政府によって課せられた規制により、米国企業はキューバ国内で事業活動を行なうことが禁じられています

PADIワールドワイド社ならびに他の大手指導団体数社は米国に拠点を置いています。

したがって、PADIインストラクター、ダイブセンター/リゾートについても、キューバ国内で商取引に携わることが禁止されます(この規制はキューバにある米軍基地には適用されません)。

この規制は、国を問わず世界各地のPADIオフィスに登録している全PADIメンバーに適用されます。

PADIは米国で登録されている商標であるため、キューバでは合法的に使用することができません。

キューバ国内でのPADI活動に対する全面的禁止について、ひとつだけ例外があります

キューバ人ではないPADIインストラクターは、キューバ人ではない人を休日にキューバへ連れて行って、オープンウォーター・トレーニング・ダイブを実施することができます

つまり、キューバは単なる地理的な場所であって、インストラクターの活動はキューバの商業とは関係していないということです。

キューバ国内にいる間に、インストラクターが当初のグループ以外の人にトレーニングを実施することは禁じられます

これは、キューバ人と他の旅行客の両方に適用されます。

キューバ国内で商取引を求めることはできません。

(PADI TRAINING BULLETIN 1Q2019より)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする