ウエットスーツを入れる防水バッグ

Q.ウエットスーツを入れる

防水バッグはどんな(大きさ)のがいいですか?

A.大は小を兼ねるで!

大きすぎても良くないですが、濡れてる状態では、

すっぽり入るくらいが出し入れしやすいでしょう。

メッシュに入れて積み上げると下敷きになるので、

防水バッグなどに入れて他の器材の上に載せるのがいいでしょう!

現在のお勧めは次の商品です!

ウォータープルーフ・バックパック

BA0403

防水生地を使用し大容量。

薄手(5mmワンピース)のウエットスーツやラッシュガード、軽器材の持ち運びに最適です。

ウォータープルーフバッグ
¥12,000 (本体価格)

生地:TPU(裏面:ポリウレタンコーティング)
サイズ:幅300×高さ700×奥行き200mm
重量:約700g
容量:約42L

ウォータープルーフバッグ

BA0401(大)
¥5,500 (本体価格)

濡れたものを入れたり、濡らしたくないものを入れたりするのに便利な弁付防水バッグ。

人目を引く可愛いアニマルデザインを採用。

75デニールポリエステル生地で軽量。

・生地:75デニールポリエステル×TPU
(底部:420デニールポリエステル×TPU)
・サイズ:横320mm×奥行き320mm×高さ700mm
・軽量/中の空気を出せるバルブ付き/ショルダーベルト付き/インナーポケット付き
・容量:約40L
※開口部を丸めてバックルで止めた状態




(小)もありますが、(大)がおススメです

BA0401(小)
ウォータープルーフバッグ
¥4,500 (本体価格)

・生地:75デニールポリエステル×TPU
(底部:420デニールポリエステル×TPU)
・サイズ:横250mm×奥行き250mm×高さ600mm
・軽量/中の空気を出せるバルブ付き/ショルダーベルト付き/インナーポケット付き
・容量:約20L
※開口部を丸めてバックルで止めた状態

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする