『PADIスノーケルガイドコース』リリースのお知らせ

※本コース(資格)は現状、日本オリジナルの資格となり、日本国外では使用できません。

PADIスノーケルガイドとは?

この資格を取得することにより、ノンプロのダイバーやノンダイバーでも、一般のスノーケラーを連れて海でのスノーケリングツアーを実施できるようになります。

この「PADIスノーケルガイド資格」を取得した方は、PADIが提供する賠償責任保険に加入でき、スノーケリングツアーのガイドとして活動ができます。

スノーケリングに関するスタッフや増強に役立ちます。

PADIスノーケルガイド・インストラクターとは?

『PADIインストラクター(OWSI)資格以上』のプロメンバーが、『PADIスノーケル・ガイド・インストラクター資格』を取得することで、『PADIスノーケル・ガイド』を個々に認定することができるようになります。

スノーケルガイド認定の活用

  • スノーケリング希望のお客様の対応ができるPADIプロメンバー(PADIスノーケル・ガイド)を、自店で育成できます。
  • PADIメンバーとして、賠償責任保険にご加入いただけます。
  • 新規採用や季節採用の、まだPADIプロ資格を持たないスタッフでも、PADIスノーケル・ガイド認定を取得することでスノーケリングのガイドとして活動ができますので、キャパシティの拡大につなげられます。
  • ファミリー志向のお父さん・お母さんに、子供の安全を図りながら、家族に楽しんでもらう手段を提供できます。
  • 求人困難の中、次年度に向け継続したスタッフの確保に繋げられます。

資格取得方法

お気軽にココモまでお問い合わせください

メール
メール
地域、経験、ランク、所属ショップに関わらず何でもお気軽にお問合せください。 TEL: 079-282-5566 ...

関連教材の情報

販売開始:2020年4月1日(水)

製品
番号
製品名
80015J スノーケル・ガイド・コース・インストラクター・ガイド(PDF版)
80017J スノーケルガイド用スレート
80016J Goスノーケル・パンフ(1セット100部)

資格の更新について

  • PADIスノーケル・ガイド資格取得の際には、【PADIスノーケルガイド用スレート】(4月1日リリース)が個々に所持が必要な必須教材となります。尚、PADIスノーケル・ガイド・インストラクター資格取得の際(OWSI以上)は、推奨教材となります。

『PADIスノーケルガイド』資格は、正規のメンバー登録となりますので、申請の他、毎年更新が必要になります。

  • 資格申請料:11,000円(税込/同年の年会費含む)
    新規登録のPADIスノーケル・ガイドとPADIスノーケル・ガイド・インストラクターが対象。
  • 次年度の更新料:9,350円(税込/お振込みまたはクレジット)
    PADIスノーケル・ガイドが対象。PADIダイブマスター以上は不要。

保険について

現場業務に就くためには、賠償責任保険が必須です。

  • 賠償額1事故10億円
  • スノーケリングのみ対象とした場合のスノーケルガイド専用の保険料:年間9,000円
  • 上記オプション:カヤックなどその他の水上アクティビティも保証する場合:年間25,000円
  • すでにPADIダイブマスター以上のメンバーとして、PADI賠償保険加入者は
  • 現状の保険料にプラス10,000円で加入可。

近日中に、PADIスノーケル・ガイド専用ツールボックスのサイトも発売予定。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする