インストラクターが主導するオンライン環境での講習実施方法について

 この度、PADIは新型コロナ感染症感染拡大を受けて、IDCのワークショップに引き続き他のコースにおいても知識開発の部分、またはコースによっては認定に必要な全てのセグメントをカメラを使ったウェビナー形式で開催できることを許可することに決定いたしました(*1)。

インストラクターはウェブカメラを使って店や器材の紹介をしたり、スクリーン共有機能を使ってクイズ、エグザムを実施する(*2)ことや、実際のダイビング環境で撮影した映像を共有することもできます。この方法を活用すると可能性は無限大です。具体的な実施方法の詳細は以下をご確認ください。

インストラクターがこの方法で講習を実施するにはGoToMeeting、Skype、ZoomなどのWeb会議システムを用いてビデオで生徒とお互いを見ることができ、スクリーンを共有することができる環境で講習を実施する必要があります。また、インストラクターは各生徒が積極的にセッションに参加して、達成条件を満たしているか、必須の教材を使用できているかを確認しなければなりません。

*1:この特別措置は新型コロナ感染症の蔓延が終息するまでの期限付きの暫定的なものであり、平時にPADIに版権が属する教材を使用したトレーニングをオンラインで提供することは禁止されています。また、オンラインでの講習は紙版のマニュアルやeラーニングなどの必須教材に代替するものではありませんので、ご了承下さい。この方法で講習を実施できる期限に関しましては、追ってインストラクター開発から発表します。

*2:オンラインでのクイズ、エグザムの実施に関しての注意: インストラクターは必ず候補生が誰の助けも借りずに、他の媒体での答えやヒントに頼ることなく全ての問題に解答できていることを確認してください。評価に関連する教材の漏洩を防ぐためにクイズとエグザムは画面共有で表示し、候補生のカメラはオンにしてエグザムの実施中は全候補生を監督してください。 エグザムをメール添付で候補生に送ることを禁止します。アンサーシートはメール添付や、ファイルシェアサービスを使用して生徒に送ってもかまいません。候補生がエグザムを完了したら、カメラにアンサーシートを映してもらい、そのスクリーンショットを取って記録として残します。

【ウェビナー形式で提供できるコースについて】

今回の決定には全てのオープン・ウォ―ター・ダイバーコースや、アドヴァンスド・オープン・ウォ―ターを含む全てのPADIコースが含まれます。例えば、知識の復習の見直しや、ダイブマスター・コースのダイブセオリー(潜水理論)の解説、水中講習で行く予定のサイトの紹介をすることができます。

また、デジタル・アンダーウォーター・フォトグラファーや魚の見分け方などの一部のスペシャルティコースはスクリーンの共有機能を使うと非常に効率的にコースを進めることができます。以下は一部のスペシャルティコースの実施方法の例になります。参考にしてください。

●エンリッチド・エア・ダイバー・スペシャルティ・コース

エンリッチド・エアSPは最も人気のSPの一つですが、このコースもウェビナーを有効に活用して実施していただくことができます。紙のマニュアル、又はeラーニングでの自習が完了したら、補習とファイナルエグザム(またはクイックレビュー)をウェビナー上で実施していただくことができます。
また、生徒の手元に実践応用に必要な器材(エンリッチド・エアシリンダー、エア・シリンダー、ガス・アナライザー、エンリッチド・エア対応のダイブコンピューター)がそろっている場合や、接触なしに必要器材をレンタルできる環境が整っている場合は実践応用をウェビナー形式で手順を一つ一つ確認しながら実施した上で認定することもできます。

●器材スペシャルティコース

このスペシャルティに関しては、知識の復習の答え合わせをウェビナーで実施した後、インストラクターがウェブカメラでデモンストレーションしたものを、生徒の手元にある実際の器材で練習し、インストラクターが習得していることを確認することでオンラインでコースを完結することができます。

●Project AWAREスペシャルティ・コース

こちらのコースもウェビナーで開催していただくのに最適なコースです。プロサイトの各種書式から最新のインストラクター・ガイドをダウンロードすることができます。生徒にはこちらのリンクから海の惑星を守るためにダイバーにできる10のことをダウンロードしていただき、コースを実施する際に使用してください。

ウェビナーを開催する際は以下の点にご留意して使用するアプリを選択して下さい。

  • 参加人数
  • スクリーン共有機能の有無ファイル共有の機能をお確かめください。
    (*エグザムやクイズ、アンサーキーは絶対に生徒に送ってはいけません。)
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする