PADIインストラクター試験情報(PLG)

IE実施中の知識開発プレゼンテーション評価におけるPLG(プリスクリプティブ・レッスン・ガイド)のエグザミナーから希望者への貸し出し制度を、9月より廃止します。

理由:

  1. デジタル化を促進する中でのデジタル教材使用による講習実施法の確立が進んできている。
  2. 無料ダウンロード出来るもの(AWARE等)、IDCクルーパックに含まれるもの等、候補生自身で揃えておける物が増えてきている。
  3. 既に数年前から世界の各エリアでのIEにおけるPLGの扱いは候補生自身が準備するものとなっている。
  4. 昨今のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)への感染保護も含めた対策の一つとしてIE現場におけるノートパソコンの貸し借り(エグザミナーのPCを使用する)を行わないとする事を決定しました。

今後の準備:

 IE実施中の評価される知識開発プレゼンテーション課題はOWダイバーコース、AOWダイバーコース、RDコース、SPダイバーコース、AWAREコース、DMコース等が出題されます。

 その中でPLGの存在するものはOW、RD、AWARE、DMとなりますので、このPLGは各候補生がご準備いただくことになります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする