改訂版PADI Skin Diver(Advanced Snorkeler)コース

改訂版PADI Skin Diver(Advanced Snorkeler)コース

Posted in お知らせ, PADIプロコース, プロ-レベルアップ

2021年版Instructor Manualでは:

  • 現行:PADI®Skin Diverコース
  • 改定:PADI Advanced Snorkelerコース

スノーケルを口から外す

サーフェスダイブを教える方法の達成条件が次のようになります:

足がつかない深さの水面でリラックスした呼吸の後、息を止め、口からス
ノーケルを外して垂直にヘッドファーストで潜る。

このテクニックは、生徒が口からスノーケルを外すことで、シャローウォーター・ブクックアウトによって引き起こされる問題のリスクを軽減できます。

更に、浮上するダイバーの手の届く範囲にとどまること、 さらに、バディがダイビングをする前に、ダイバーが回復するのに適切な時間を待つなどのバディ手順に重点を置いています。

PADI Seal Teamのスキン・ダイバー・アクアミッションや、Open Water Diverコースのスキン・ダイビング・スキル、Divemasterコース、IDCにおいて、この方法でサーフェスダイブを教えたり実行したりする必要があります。

トレーニングブルティン

(SECOND QUARTER 2021)

ヘッドファースト・ダイブの新しい重要なスキルのポイント:

  • 実際にダイブを行う前に口からスノーケルを取り外すこと
  • 浮上すると、ダイバーは顔を水から出したままで、数回呼吸をして回復してから、口にスノーケルを戻す
  • その間、バディは必要に応じてアシストできるようにすぐ近くにいる

PADI Seal Team: AquaMission

(Skin Diver Specialist AquaMission Skin Diver Specialist )

  • 特定の達成条件の一部として実際にサーフェスダイブを行う必要はない。
  • サーフェスダイブをする場合は、ヘッドファーストダイブをする前に、参加者はスノーケルを外す。

Open Water Diver

(限定水域の達成条件、ダイブ・フレキシブル・スキル、スキン・ダイビング達成条件)

  1.  足がつかない深さの水面でリラックスした呼吸の後、息を止め、口からスノーケルを外して垂直にヘッドファーストで潜る。
  2. 3番目の達成条件は2に変更する

Divemaster コースと IDC, ダイブスキル スキル21

以下に変更:

21. ヘッドファースト・サーフェスダイブ、口からスノーケルを外す

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Loading