ドライスーツ・ダイバー・コースSP

ドライスーツ・ダイバー・スペシャルティ・コース

Drysuits Diver Specialty Course

「ダイビングを1年中楽しもう!」

ドライスーツ・ダイバー・SP はスーツの着脱から、操作・メンテナンスまで幅広く学習するコースです。

受講資格

PADI PSD/OWD講習中(一部)以上
【レポート】実際のダイビング例です

インナースーツ(中に着る物)

使い方によって水没もありうるので必ず替えをお持ちください

暖かい時

  •  Tシャツと短パンくらいで可ですが
    汗をかくので薄手の長袖&長ズボンがお勧め。

寒い時

  • 起毛生地の上下
  • 薄めで圧縮に強く保温性があるものがベスト
  • 専用がお勧め(現行版はココモ店頭で販売)
  • 実はかなり有効!ウエット用インナー
  • 一般のラッシュガード、Tシャツは保温性は期待できず、濡れた場合、より体を冷やします。(使われる場合は肌に吸水性の低いもの上に吸水性の高いもの重ね着しましょう。)

靴下

  • ふくらはぎ以上あるソックス
  • 寒い時期は厚手二重履き
    (ルーズなソックスはごわつくのでフィットしているものが◎)

講習内容

学科(当日でも可能)&海洋実習2ダイブ

コース習得後

  • シーズンを問わずダイビングが楽しめる
  • ドライスーツでしか潜れない水域も潜れるようになる
  • アフターダイブの行動がスムーズになる
  • より水中環境の知識が身につく
  • ダイビングスキルが向上する

ドライスーツで快適ダイビング

男性用 ★女性用

SP_11_l

体を濡らさず快適なダイビングが楽しめるドライスーツ。

インナーを替えることで、シーズンを問わずに一年の大半をドライスーツで楽しむというダイバーが増えています。

疲労度が少なくなり、水中ではじっくり生物ウォッチングができダイビングが楽しめます。

エキジット後はボート上でスーツを脱げばすぐに次の行動に移れるメリットも。

水中だけでなく、陸上でも快適にリラックスして過せるのです。

ドライスーツを着用すれば、快適で楽しいダイビングシーズンが今までの3倍にも4倍にも延びるのです。




シェアする

フォローする