フィッシュアイレンズを使うコンパクトな最適セットとは?

Q.オリンパスTG5で

フィッシュアイ(魚眼)レンズを使いたいです。

内臓ストロボが使えない(ケラレる)とのことで、ライトも使いたいです。

慣れるまではコンパクトな方が良いです。

レンズを外して通常の撮影や顕微鏡モードも使うには、どんなセットがいいですか?

A.レンズの取り回しで変わります

フィッシュアイ(魚眼)レンズを外し

レンズ付けたままのコンパクト仕様

  1. アーム&ステー(カメラの台とグリップ)
  2. ダイレクトベース
  3. クランプ(1.と2.をつなぐもの)

3.クランプがあるので、ライトの向きを、上から、横からなど、フレキシブルに変えることができます。

※クリックで拡大します

レンズを外して顕微鏡モードも楽々!

  1. アーム&ステー(カメラの台とグリップ)
  2. ダイレクトベース
  3. クランプ(1.2.をつなぐもの)
  4. レンズホルダー(レンズをつける台座)
  5. ホルダー取付キット(4.を取り付ける)
  6. アーム(Mがお勧め、Sでは干渉しやすい)

このアームに下記のレンズホルダーが便利です(フィッシュアイ-魚眼-レンズではMサイズがお勧め)

順にレンズ装着例、アームにホルダー取付例、アームへの取り付けパーツ

おススメセットの装着

※カメラ、ハウジング、ライト等装着例




シェアする

フォローする