ドライスーツ・ダイバー・スペシャルティ・コース

Drysuits Diver Specialty Course

「ダイビングを1年中楽しもう!」

ドライスーツ・ダイバー・SP はスーツの着脱から、操作・メンテナンスまで幅広く学習するコースです。

  

受講資格

PADI PSD/OWD講習中(一部)以上
【レポート】実際のダイビング例です

インナースーツ(中に着る物)
  • 暖かい時はTシャツと短パンくらいで可能。
    • 汗をかくことを考えると、薄くても長袖&長ズボンがお勧め。
  • ふくらはぎ以上ある靴下をお忘れなく!
  • 暖かさは、トレーニングウエアより、起毛生地がお勧め。
  • 濡れたときの替えがあったほうが◎
  • 生地が厚くなる程浮力が大きくなるので薄くて保温性があるものが◎。
  • インナーの下にウエット用(ダイビング用)のインナー(ラッシュガード等)を着ると、濡れた状態(汗や水の浸入)でも効果的。
講習内容

学科(当日でも可能)&海洋実習2ダイブ

コース習得後
  • シーズンを問わずダイビングが楽しめる
  • ドライスーツでしか潜れない水域も潜れるようになる
  • アフターダイブの行動がスムーズになる
  • より水中環境の知識が身につく
  • ダイビングスキルが向上する

ドライスーツで快適ダイビング

SP_11_l

体を濡らさず快適なダイビングが楽しめるドライスーツ。

インナーを替えることで、シーズンを問わずに一年の大半をドライスーツで楽しむというダイバーが増えています。

疲労度が少なくなり、水中ではじっくり生物ウォッチングができダイビングが楽しめます。

エキジット後はボート上でスーツを脱げばすぐに次の行動に移れるメリットも。

水中だけでなく、陸上でも快適にリラックスして過せるのです。

ドライスーツを着用すれば、快適で楽しいダイビングシーズンが今までの3倍にも4倍にも延びるのです。

ドライスーツ・ダイバー・コースSP