AOW&SPコース内容

中性浮力(PPB)

疲れない、楽しい、余裕をもって潜りたい!


▶中性浮力(PPB)コース

サンゴの上を気持ちよく泳ぎたいなら、中性浮力をしっかりと身につけることが基本です!

サンゴの上にドーン…フィンでバシッ!なんてしちゃうと…嫌な顔をされちゃいますよ!

ゲーム感覚で楽しめる大人気コースです!

サンゴの上も、安心して楽しみましょう!

 

 ナビゲーション

不安を解消してエアを長くもたせたい!


▶水中ナビゲーションコース

インストラクターが帰っているのか、進んでいるのか分からない…

エアーが少なくなってきた…ちゃんと帰れるだろうか…ドキドキ、ドキドキ…

なんてことが無くなり、エアー消費を抑えることができます!

海中探検をしたい方にもおススメのコースです!

アドバンスコースには必須の項目です。

 

 ディープダイビング

深場へ行ってみたい!


▶ディープダイビングコース

「ちょっと底まで♪」18mを超えてみましょう!

そこでは、今まで見たことのない生きものや

イソギンチャクと出会えることでしょう!

 

人気ポイントの多くは18mを超えることが多いです。

アドバンスコースには必須の項目です。

 

 水中ナチュラリスト

ダイバーの特権!海の生きものと接する


▶水中ナチュラリストコース

海の生きものと身近に接することができるのは、ダイバーの特権!

生きものたちのことを知れば知るほど、これまで以上に海が面白く、楽しくなります。

 

 AWARE 魚の見分け方

知的で一目置かれるダイバーになろう!


▶魚の見分け方コース

「さっき潜ったときに見た魚は何だっ たんだろう?」と図鑑を探しても、

自分の見た魚がイマイチわからない …なんてことはありませんか?

魚の見分け方と、観察の仕方を身につけ、

今までとは一味違った、楽しいダイビングにしてみましょう。

その知識で、一目置かれるダイバーになれちゃいます。

 

 ボートダイビング

人気ポイントへ行ってみたい!


▶ボートダイビングコース

ダイビングを楽しむなら、ボートで沖へ出ましょう!

ビーチも楽しいポイントが沢山あります!しかし、人気のポイントの多くは、

ボートでしか行けないところがほとんど…。

ボートダイビングが楽しめるように、エントリーや潜降浮上方法、

いざという時のため対処法も知っておきましょう!

 

 ドライスーツダイビング

人気急上昇中!


▶ドライスーツダイビングコース

水中で身体が濡れない新感覚に、皆様、感動!!!

面倒くさいというイメージが多いドライスーツですが、最近のスーツは機能性がグッと向上!

使いやすくスマートになり、人気急上昇中!!

ダイバーなら、一度は体感してみて下さい!

 

ドライスーツのインナー

ドライスーツは、濡れたスーツを着ることなく

乾いた服を着たまま、海中散歩できるスグレモノです!

こんなインナーを使いましょう!

 ↑ 専用インナー(断然快適・イチオシ):

ココモ店頭にてサイズ合わせが可能です。
(対象ドライスーツご購入で、上下プレゼント実施中!)
ダイバーとしては、長く使う身につけるものです。
快適なご自身にあったドライスーツ専用がお勧めです。
↓↓↓
水中に適した、弾力、カット、保温性、通気性、着易さなどが揃ってます。

専用が無い場合:

暖かい時:薄手の、七分丈か長袖・長ズボン・ハイソックス

寒い時:起毛か厚手の、長袖・長ズボン・ハイソックス、重ね着もオススメ

レンタルでの注意事項
半袖・半ズボン・ノー靴下は厳禁(ダイビング・マナー)
サイズが完全には合わないことがあります。
隙間等から水没した場合の、下着を含めた全ての着替え、更に2回目も水没した場合の替えもお持ちください。

 マルチレベルダイビング

もっと長く水中にいたいのよー!


▶マルチレベルダイビング

ダイバーなら誰しもが考えるのが「少しでも長く潜って海の世界を楽しみたい」

それを可能にしてくれるのが、 マルチレベル ・ ダイビング!

正しい知識で、安全に、楽しくダイビングができるようになるためのコースです。

 

 水中フォトグラファー

陸でも海でも、カメラは人気!


▶水中フォトグラファーコース

「カメラのことなんて…全く分からない…」

そんな方でも大丈夫!カメラの使い方から、実践的な水中での撮影テクニックまでをレクチャーと海洋実習で、

ステップ・バイ・ステップで進めます。

スマホで写真を撮るように、

思い出を残すことは、

本当に楽しいですよ。

 

 サーチ&リカバリー

レッツ!宝探し!


▶サーチ&リカバリーコース

水中に落としてしまったダイバーズナイフや時計などを探すとき、海底に沈んだゴミを回収するときなど、

現実的なシーンで活躍するテクニッ クです。

レジャーダイバーさんの他、

消防さんの受講が多いことは、ココモの特徴です。

 

 水中スクーター

行動半径が約10倍に広がる!


▶水中スクーターコース

人力では行けない広範囲の冒険へ出てみませんか!

 

水中を飛ぶように、カメやエイなど、水中の生きものたちについていくこともできます。

やみつきの爽快感を、お楽しみ下さい。

 

 エンリッチド・エアダイバー

潜った後の身体がラク!ご年配の方には特に人気!


▶エンリッチド・エアダイバーコース

ダイバーなら誰しもが考えるのが「少しでも長く潜って海の世界を楽しみたい」

それを可能にしてくれるのが、 エンリッチド ・エア!

空気に比べて窒素の割合が少ないガスを利用するため、

空気でのダイビングに比べて時間的に余裕を持つこと ができます。

水中写真を撮りたいダイバーには、特にうってつけのコースです!

 

 ナイトダイビング

夜の海…ちょっと怖いけど、行ってみたいな…


▶ナイトダイビング

夜の街にくり出したかった思春期のように…

いずれ夜の海にも出てみたくなるものです。

 

「真っ暗で怖そう…」という方が多いですが、

最近は、水中ライトの性能が向上し、

みんながライトを使用して潜るので、

水中は思っているほど暗くなく、結構明るいのです。

 

夜の海を安全に潜る知識など、

ナイトダイビングに必要なスキルをスキルを習得します。

昼とは全く違う夜の海を、体験してみて下さい。

 

 ダイビング器材

ところで、なんで水中で息できているの…?


▶器材コース

水中で呼吸するためのレギュレーターや、安全を管理するダイブコンピューターなど、

ダイビングは器材への依存度が高いレジャーです。

 

なのに…器材のことを全く知らない…

 

器材は慎重に選んで購入し、その後はベストな状態で使いたいもの…

このコースは、まったくの初心者ダイバーから、

買い替えを考えているダイバー、さらには器材のメンテナンス法を知りたい、

もっと使いやすくしたい、長持ちさせたいと考えているダイバーまで、

幅広いダイバーのニーズに応えます。

器材に対する不安をなくし、ストレスなくダ イビングを楽しみましょう!

 

特に、ダイブマスター以上のプロを目指される方には、

必須と言いたいくらい、必要な知識がギュッと詰まっています。

 

 沈船ダイビング

船から、魚の住処になっちゃった


▶沈船(レック)ダイビング

沈船の周りは魚影が濃い!

 

夢とロマン溢れる沈船ダイブにチャレンジしてみませんか!

 

 ドリフト・ダイビング

あ~あ~…川の流れのよ~に~♪


▶ドリフト・ダイビング

川の流れのよ~…ではなく!

ドリフト・ダイビングとは、潮の流れに乗って移動するダイビングのこと。

流れに乗ってラクに移動できるうえ、

大型回遊魚の群れなどとの遭遇のチャンスもあり、とてもエキサイティング!

注意点やラクにエントリー&エキジット方法など、ドリフトに必要なテクニックなどを身につけます。

 

Loading